BUSINESS AIRPORT TAMACHI
2021
Office
JP
EN
Resurrection
Reprint of the mid-century era
働く場所がオフィス以外にも広がっていく時代。あえてオフィスにいる意味が議論の的になっている。自宅で働いても 良い。カフェで働いても良い。郊外で働いても良い。しかし、最高のオフィスで働くことこそが最高のパフォーマンス とモチベーションをビジネスパーソンに提供するのではないだろうか。入居するビルがリノベーションによって生まれ変わるビンテージビルであることに着目して「復刻」をテーマにデザインした。ビンテージなオフィス、その中でも近代オフィスの原点でもあるミッドセンチュリーのオフィス空間に着目。1960 年 代のオフィスはパーティションでマネージャーやパートナーの個室とオープンオフィスが 仕切られれていたが、そんな様子をサービスオフィスや会議室とシェアワークプレイスとが隣り合うビジネスエアポー トのレイアウトに重ね合わせた。木やスチールによる、当時のパーティションの艶やかさや色気を現代のオフィスに復刻することで、オフィスこそがビジネスマンのメインステージであり、オフィスで働くことも一つのステータスだった 時代の勢いや力強さを最新のシェアオフィスに再現している。

Photo: Nacasa & Partners
Resurrection
Reprint of the mid-century era
We live in an age where workplaces are expanding beyond the office. The meaning of daring to be in an office has become a subject of debate. It is okay to work from home. You can work in a cafe. You can work in the suburbs. However, I believe that working in the best office is what will provide the best performance and motivation to business people. We designed this coworking office under the theme of "Ressurection", noting that it is a vintage building that will be reborn through renovation.In the 1960s, partitions were used to separate the private offices of managers and partners from open offices, and we overlaid this on the layout of serviced offices and business airports where meeting rooms and shared workplaces were located next to each other. By reprinting the luster and color of the original wood and steel partitions in a modern office, we have recreated the momentum and strength of an era when the office was the main stage for business people and working in an office was a status symbol.

Photo: Nacasa & Partners