A OFFICE
2021
Office
JP
EN
人は庭を作った。なぜだろうか。緑の少ない都市の中に息をつける場所を作るため。単なる 緑へのシンパシー。 色々な理由があるだろう。しかし、私たちの生活環境が都市化するもっと以前、人が山里に住んでいる時から「庭」は存在した。ひと繋がりの連続した自然の中に、庭という特異点を作る。 すると庭は自然へ作用し、逆に自然からも作用される。風景の中に注目すべききっかけが生まれ、居心地の良い場が生まれる。人々は「庭」の概念を確立するはるか前から「庭」的なものを作ることで自然の中で自分自身の存在をより強く認識し、そしてよりクリエイティブになれることを知っていたのだ。
これまでの私たちの生活は「働く or 遊び」のように、on と off が切り分けられた生活様式を送っていた。 しかし、働き方や行動様式の変化により、その境界はどんどん曖昧になっている。そんなひと繋がりの生活、そして人生の中で 生活や人生をより豊かにするきっかけを作りたい。 人々が庭を通して発想力や創造力を膨らましてきたように、 生活や人生をより豊かにする。そんなワークプレイス目指して、この空間をデザインした。

Photo: Nacasa & Partners
People have created gardens. Why? To create a place to reflesh in a city with little greenery. Or just sympathy of it. There are probably many reasons. However, long before our living environment was urbanized, gardens have existed since people lived in mountain or villages. A garden will be a particular point in the continuous and connected nature. The garden then acts on nature, and vice versa. A chance to pay attention to the landscape is created, and a comfortable place is born. Long before the concept of a "garden" was established, people knew that by creating a "garden-like" structure, they could become more aware of their own existence in nature and be more creative.
In the past, our lives were divided into "on" and "off," as in "work or play. However, with changes in the way we work and behave, the boundaries are becoming increasingly blurred. We tried to create an opportunity to enrich our lives and lifestyles in such an interconnected way. In the same way that people have used gardens to expand their imagination and creativity, we want to enrich our lives and lifestyles. I designed this space to be such a workplace.

Photo: Nacasa & Partners